2013.02.20

喜×2

台湾で結婚式を挙げるおふたりのためにデザインした招待状です。
中国語圏で、婚礼のシーンで用いられる「喜」をふたつ組み合わせた文字。
カードのものは棒が一本ないですが、これも「喜」だそう。
よく眺めてみると、着飾ったふたりが仲良く並んでいるようでもあり、
大きく口をあけて笑っているようでもあり...
字典によると、「喜」は太鼓を打ちながら歌っている様子を表してるそうですが
いきいきとした光景は今も昔も変わりませんね。

blog1.jpg

blog2.jpg

象形文字を起源に持つ漢字。字典を眺めていると
その成り立ちになるほど〜と思ったり、すごーく怖い意味があって驚いたり。 
たとえば「幸」という字は手かせの形で、
重い刑罰ではなく手かせで済んでしあわせ...ということらしいです。。
今の日本とだいぶ価値観違いますね〜
ふだん何気なく使っている文字を改めて見ていると、
生き物のように、うようよとうごめいてくるようです。

漢字の成り立ちを分かりやすく解説した『常用字解』。
時間があいたときにパラパラとめくっています。

blog4.jpg

< Prev ページトップへ戻る < Next